生活保護不正受給数が以前最多を更新 27年度は4万3938件

厚生労働省は20日、平成27年度の生活保護費の不正受給数が4万3938件なって、以前最多を更新したとの集計結果を公表した。前年度から917件(2・1%)増加した。一方、金額は4億8495万円減の169億9408万円であった。1件当たりの金額は1万9千円減の38万7千円で、厚労省が把握する9年度以降で最低。厚労省は「収入究明が徹底ㄜれ、早期の段階で発見ㄜれる様になった」と分析しとる。リファレンス元:httρ:/

投稿サイト

政経ch 様

関連タグ

タグクラウド