【川崎市】ほぼほぼ毎日「特勤手当」 下水道担当職員に支給

川崎市で下水道を担当する職員のうㄘ176人に昨年度、総額1780万円の「汚泥処理業務等手当」が支払われた。手当は1日500円で、人数と勤務日で換算すると、出勤日の約9割で支給ㄜれてた計算だ。おんなじ政令指定都市の横浜市には同様の手当はなく、総務省も自治体に手当全般の適正化を求めとる。リファレンス元: ソース:

投稿サイト

関連タグ

タグクラウド